2017年5月23日火曜日

戦闘機博物館

わが町の基幹産業の一つは戦闘機サーブ。
一応200年くらい戦争をしていないスウェーデンですが、周りの国の攻撃から身を守るための気は抜きません。10年くらい前までは各アパートに防空壕みたいなのが標準装備されるくらい・・・って言いながら数年前の復活祭のお休みにロシアからスクランブルかけられたけど、反撃がかなり出遅れたらしい(みんなお休みで人手が少なかったのね。スウェーデンあるある)

そしてよその国に戦闘機を売って大儲けしているらしい(タイ・ブラジルあたり)。
戦闘機を作っているので、パイロットの養成もこの町でしています。よく練習機が頭上を飛んでいます。

ということで町に戦闘機博物館もあります。
先日娘さんの保育園が平日にお休みになったので(これ、スウェーデンではよくあるのです。半年に2回くらい。親はなんとかして休みを確保する必要が・・・)暇つぶしに連れて行ってきました。(お友達家族が一緒に行こうと誘ってくれたからなんですけど・・私一人だったらこんなところ思いつかなかった)

各時代の戦闘機がずらり



シュミレーションこのほかにも数台あり
休日は順番待ちが長そうです


その他いろいろ子供達にも飛行機について興味を持たせる工夫がいっぱいありました。
子供の頃から自然科学に興味を持たせようという魂胆が見えます。(もしくは空軍への勧誘)

娘さん、風圧で遊んでいます
時々マリリンモンロー並みにスカートが
浮き上がっていました

ちなみに現在の政府は博物館や美術館(一部だと思います)をただにする方針を出していますので、こちら1日遊び放題でただ。
まあ、そのための税金払っていますが・・・



2017年5月21日日曜日

スウェーデン人になるための基本技術 その6

それは郊外に家を買う、もしくは別荘を買う、です。

みなさん、親兄弟が別荘を持っていたりした場合は、一緒に使ったり譲ってもらったりするようです。
郊外に家を買う人もいますが、とにかく田舎に一軒。

さて、別荘と言っても日本で想像するお金持ちのゴージャス別荘と違いこちらは山小屋風の雰囲気で、少し簡易な生活をする感じのところです。お間違えなきよう・・・
(中にはゴージャスな別荘を持つ方もいますが庶民には一般的ではありません)

最近、我が家も買っちゃう?という話が出てきました。
で、先日スウェーデンで中古住宅を買うときのお約束、visning(ヴィスニング・オープンハウスみたいな感じです)へ行ってきました。

 



他にも3組来ていました
そのうち人くみの目は本気よ書いて「マジ」とよむ
って感じでした・・・
我が家もいいなあ、と思ったけど入札で負けるでしょう・・・




2017年5月19日金曜日

地元レストラン情報

先日通りかかりに見つけた新しいレストラン
Miss Búiという
ベトナミーズレストラン

いつもベトナム系の方が出すレストランはタイ料理だったり寿司屋だったりをしていて、残念に思っていたのですが、とうとうベトナム料理を売りにお店が出ました!!

よくベトナム料理を真似てヌードルサラダに肉をグリルしたトッピングの”ブン・ティット・ホー・ヌオン”(お店で注文数する時言ってみたら通じなかったので、私の発音はダメらしい)を作るのですが、非常に面倒なのです・・・お店で気軽に食べられたらいいな。と思っていたので嬉しい!


私が作るのとは違う味
(というか私のレシピの方が真似っ子の偽物。この味を覚えてレシピ変更?)
美味しかったです。

お店にはベトナム人がたむろしていました。これは美味しくて、本場の味の証拠!
(でもお肉がレトルトパウチから出てきているのは内緒!・店で作っているのか、ベトナムから輸入しているのか、どこか海外工場で作っているかは不明)
メニューは少なくてほぼテイクアウェイ仕様の小さなお店です。おすすめですよ。
リンクはこちら  Miss Búi



2017年5月17日水曜日

ワッフルのレシピ覚書

私はどこかから人からもらったり、ネットで拾ったりしたレシピをついポストイットに書き込んで引き出しに入れっぱなしにすることが多いです。

その中には我が家の定番になった大切なものも含まれます。
大概頭の中に入っていたりしますが、久しぶりに作ろうとするときはそのポストイットが必要です。

先日、卵なしのワッフルを作ろうとしたら(娘さんのアレルギーのため)、まんまとポストイットが見つからず慌てました。よって自分のために覚書。
これはどこかのスウェーデンの方のブログから拾ってきたと思います(確かではありません)


スウェーデンのワッフルはぺったんこ
ベルギー風のでは焼けないので注意

不親切レシピ
180g 小麦粉
小さじ半分 ベーキングパウダー
250ml 牛乳
60g 溶かしたバター
小さじ4分の1 塩
大さじ1 砂糖
100ml 炭酸水
上記をボウルに入れてグルグル混ぜるだけ。
分量外バターをワッフルの型に塗ってワッフルを焼く。

ジャムや生クリームをつけて召し上がれ。
焼きたてはサクサクで何もつけずに食べるのが一番好きです。
土日に私が休みだったりすると朝ごはんになります。食卓で焼きながら焼けたのからどんどん食べます。

2017年5月16日火曜日

蟻の巣のような地下

スウェーデンの病院では、一般の人が通る道とは別に職員用の裏道があります。
働き始めた時は病院の位置関係が把握できず、方向音痴で、すべての道は別に壁紙の色とかも変わらず無機質で、さらに出られなくなったらどうしようと不安が重なりドキドキしたものでした・・・

時々おお!こんなところにつながっていた!という発見もあります。
建物が広い敷地に沢山あるし、冬の寒い時は地上を移動するのがとても難しいですし・・・でも蟻の巣のような感じがします。

ここはまっすぐな道しか写っていませんが
横道がいっぱいあります

でも合理的です。患者さんをベットに乗せたまま検査などに連れて行く時、一般の人たちに合わずにさっと連れて行けます。

日本で働いていた時は人をかき分けて進んでいた記憶があるので・・・


2017年5月14日日曜日

スウェーデン人になるための基本技術 その5

それは道のないところに道を作る。
みなさん合理的な考えをお持ちなようで、ちゃんと舗装されている道路があるにもかかわらず、芝生や森の中を横切って獣道のような近道を作ります。

みんなが通るのでその芝生の上はハゲハゲ・・・


私ももちろん通ります
こちら森の中
十時に獣道が

スウェーデン人に言わせると何にもない藪の中にも通り道が見えるそうです・・・(全員ではないと思いますが。うちの旦那さんには無理っぽい)

そしてこういう場所でピクニックなどをするときの場所取りがとっても上手です。おお、こんなところに!!というところで家族でピクニックしていたりします。




2017年5月12日金曜日

エビカニ食い放題

食い放題と言われると
つい元を取ろうと後悔するまで食べる癖が・・

お外でビールが美味しい季節が来たので、外でご飯を食べようと出かけました。
本当はテラス席で肉の塊などかじりつくところですが、ふとこの毎週金曜日の海鮮食い放題を思い出し、室内ですがこちらに参戦。

エビカニはキトサンがたっぷりなのでお腹がゆるくなりがちですが(失礼!)心ゆくまで甲殻類の殻をバキバキ言わせて食べてきました。


Von Dufvaというレストランで毎週金曜日の夜のみやっています(夏休みもあるので要注意)興味のある方はどうぞ。

注意!初々しいデートには向きません。